スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 現状の比較・口コミ

産科医 現状のことがなんとなく気になりませんか?

子宮頸がんゼロプロジェクト、検診無料クーポンの有効利用について緊急ワークショップを開催 - マイライフ手帳@ニュース

子宮頸がんゼロプロジェクト、検診無料クーポンの有効利用について緊急ワークショップを開催
マイライフ手帳@ニュース
このアンケート調査結果および子宮頸がん検診受診率向上への日本産婦人科医会の対策、国内外の取り組みなどを紹介する緊急ワークショップ「“女性のがん検診無料クーポン”の有効利用」を9月9日に開催した。 子宮頸がんは、そのほとんどがHPV(ヒトパピローマウイルス)の ...

and more »

実家の嫁に困り果ててます
実家の両親は兄、兄嫁と1歳、3歳の子供と同居をしています。私は事情があって、しばらく実家に帰ることになりました。両親を守ったり、かばうつもりはありませんが、私が実家に帰っている数ヶ月、

米国の医療費vs日本の医療費。日本人でよかったのかもしれない。
そのためアメリカでは医師の収入の3割が医療損害保険料に当てられ、過誤保険の保険料の高騰は,特に,産科・救急外科など,過誤訴訟のリスクが高い科の診療にたずさわる医師を直撃し、それまで,年4万ドルだった保険料が,年20万ドルを超すことになった例 ...

紀香&上地が産婦人科医に!新ドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』
しかし、そんな逆境にもめげず、ほとんどの産婦人科医師は、患者のために夜も寝ないで必死に頑張っている! 過酷な現状の産婦人科を、今描かなければ手遅れになってしまう――。 その思いを込めて、大学病院の産婦人科病棟を舞台に、日々奮闘する医師たちの ...

始まった「産科医療補償制度」

鑑定からみた産科医療訴訟
価格: 9,870円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:我妻堯出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:722p発行年月:2002年12月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 鑑定からみた産科医療訴訟(鑑定について)/第2部 産科訴訟と関連する診断・治療上の問題点(分娩監視装置/子宮収縮剤/計画分娩/胎児仮死と脳性痲痺/急速遂娩術/児頭骨盤不適合)/第3部 産科臨床に関連する訴訟事例集(子宮収縮剤投与に関連する訴訟例/子宮収縮剤投与と胎児仮死に関連する訴訟例/胎児仮死・急速遂娩・脳性痲痺に関連する訴訟例/骨盤位(さかご)の分娩に関連する訴訟例/双胎に関連する訴訟例/常位胎盤早期剥離に関連する訴訟例/母体死亡に関連する訴訟例/妊娠中毒症に関連する訴訟例/その他さまざまな事件の訴訟例/まとめ)【著者情報】(「BOOK」データベースより)我妻堯(ワガツマタカシ)1930年東京に生まれる。1955年東京大学医学部卒業。1957年東京大学助手。1962‐66年London大学ならびに米国Johns Hopkins大学に留学。1966年帰国後、東京大学助手、愛育病院産婦人科部長を経て1971年より東京大学産婦人科講師、助教授。1976年より国立病院医療センター産婦人科医長。1986年より同国際医療協力部長。1993年国立国際医療センター設立に伴い同センター国際医療協力局長に昇任。1995年定年退職。現職、国際厚生事業団(厚生労働省外郭団体)参与。(財)国際協力医学研究振興財団理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 公衆衛生学・予防医学
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品17
売れ筋商品21
売れ筋商品34
売れ筋商品31
売れ筋商品14
売れ筋商品27
売れ筋商品2
売れ筋商品28
売れ筋商品36
売れ筋商品48
売れ筋商品25
売れ筋商品44
売れ筋商品24
売れ筋商品47
売れ筋商品15
売れ筋商品40
売れ筋商品26
売れ筋商品20
売れ筋商品37
売れ筋商品43

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。