スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 現状の気の利いた情報を2,3・・・

産科医 現状がちょっと気になっています。


産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


【産科医解体新書】(58)高速乗り放題でも遠出控えて - MSN産経ニュース

産科医解体新書】(58)高速乗り放題でも遠出控えて
MSN産経ニュース
患者さんの電話は、そんな産科の現状に挑戦状をたたきつけているのかと、最初は戸惑いました。 ほんの少し前まで、「妊婦の受け入れ不能」を「たらい回し」などとあれほど騒ぎ、産科医も「遠出をしたときに何かあっても、診てくれる医師はいないよ」と忠告していたのに、 ...


少子化の原因は何ですか?
私は今、「少子化問題に対する対策」について小論文を書いています。少子化の原因は「仕事と出産・育児を両立できる環境整備の遅れ」にあると考え、託児所の拡大や育児休業の取得の容易化を対策として挙げました。しかし、添削

益田市の医療の現状
益田圏域の地域医療の現状について、里帰り出産ができないという産科医の問題にとどまらず、医師不足の顕在化はたくさんの市民の皆さんに大きな不安を与えることとなっています。 私が昨年12月定例会の一般質問の中で提案した分娩医への手当支給について ...

勤務医を「聖職者」から脱却させ、適正な報酬を - うろうろドクター ...
首都圏の30歳代の泌尿器科勤務医です。 「崩壊しつつある日本の医療を何とかしたい」と思いながら書き綴っています。 国民の健康を守るために、医療を守りましょう! ご協力を何とぞお願いします。m(__)m (泌尿器科 医師 医療) ... 特定の人に高給を与えて 死ぬまで使い潰すこれは医療に限らない、日本の悲しい現状ですよね… >給料が良くて激務、という仕事はそのまま待遇が改善されないサービス残業を無くし(減らし)、時間外手当をしっかり要求することが待遇改善への道を開く事になるのではないでしょうか? ...

東進 講師紹介 - 現代文 - 出口 汪先生

売れ筋商品41
売れ筋商品40
売れ筋商品44
売れ筋商品30
売れ筋商品37
売れ筋商品9
売れ筋商品35
売れ筋商品34
売れ筋商品50
売れ筋商品43
売れ筋商品16
売れ筋商品14
売れ筋商品47
売れ筋商品36
売れ筋商品6
売れ筋商品46
売れ筋商品38
売れ筋商品11
売れ筋商品32
売れ筋商品8

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。