スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 逮捕関連の情報収集をしてみました

こんにちは、今日は産科医 逮捕についてです。
【新品】[本] ルポ産科医療崩壊 / 軸丸靖子
価格: 756円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
■タイトル:ルポ産科医療崩壊■著者:軸丸靖子■出版社:筑摩書房■ISBN:4-480-06496-6■定価(込):756円
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


産科医:分べん手当で待遇支え 県が1件1万円支給、医師確保へ意欲向上狙う /山口 - 毎日新聞

産科医:分べん手当で待遇支え 県が1件1万円支給、医師確保へ意欲向上狙う /山口
毎日新聞
医師の意欲向上を図るほか、産科医を目指す人の確保が狙い。 地域医療推進室によると、07年度の県内での分べん件数は1万1848件。県はそれをもとに、国の補助分(3分の1)を除く事業費3900万円を今年度当初予算に計上。支給対象者は分べん業務を行った医師と ...


17歳の母
自分の彼女は今年で18歳になる現役高校生です。彼女に子供ができた場合(産む方向で考えて)学校の方はどうなるんでしょうか…本人はできることなら卒業したいといっているのですが、やはり学校側からすれば、嫌がる話

出産難民
劣悪な労働条件と医療訴訟のリスクにより、医学生に「産科は訴訟リスクが高い」「労働環境が劣悪」「世界最高レベルの医療環境が整っていても、過失により母子に障害等を与えれば逮捕される可能性もある」などの認識が生まれ、産科医を志す人材が減少 ...

産婦人科医に大切なこと~ドラマのギネ~
「現在、お産に携わっている医師は約6000人です。一般的に産科医がムリなく扱えるお産の数は1日1件程度といわれていますので、年間では360件×6000人=216万件となりますが、これは医師が24時間勤務をしたうえでの話です。もし、8時間勤務(労働)であれ ...

酒井法子 夫 高相祐一 保釈の瞬間!

売れ筋商品18
売れ筋商品49
売れ筋商品44
売れ筋商品45
売れ筋商品43
売れ筋商品48
売れ筋商品33
売れ筋商品27
売れ筋商品34
売れ筋商品13
売れ筋商品39
売れ筋商品25
売れ筋商品40
売れ筋商品46
売れ筋商品38
売れ筋商品12
売れ筋商品20
売れ筋商品4
売れ筋商品50
売れ筋商品9

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。