スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 逮捕の比較・口コミ情報です

産科医 逮捕をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

lecca、初のドラマ主題歌でがんばる産科医を応援 - ナタリー

lecca、初のドラマ主題歌でがんばる産科医を応援
ナタリー
ちなみに「ギネ」とは医師の間で使われる業界用語で、産婦人科医を表す言葉。 入局5年目の産科医、柊奈智を演じる藤原紀香。 leccaの新曲「My measure」が、日本テレビ系列で10月14日(水)にスタートするドラマ「ギネ 産婦人科の女たち」のオープニングテーマに決定した ...

and more »

産婦人科が足りない?
産婦人科医がいなくなって、産みたくても近くに産めるところがない地区が多くなって、社会問題になっているようです。医者って増えてるんじゃないんですか?何でこんな事態になっちゃったんでしょうか?

少数派の中での裏切り行為は尋常ならざる怨みを生むことがありますから ...
聖修大学医学部付属病院産科の君島医長(松下由樹)は産科医・柊(藤原紀香)の奇行に悩まされていた。柊が対人技能の発達障害か・・・なんらかの恐怖症を抱え精神に問題があることは明らかだが人材不足に悩む産科としては柊の医療技術を簡単には手放せ ...

2009年10月14日/鉄道の日のヒトとナリ
... けがや病気・医療 :育児ネット:教育 子育て : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞); 性犯罪被害者 支援へ連携 県警と産科医、14日初会合 - 徳島新聞社; エイズウイルス発見の真実 | MRのための読書論 | Web-express | エクスプレス | ミクスOnline ...

いま産科医療に何が起きているのか。6/6

産科医が消える前に
価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
現役医師が描く危機回避のシナリオ 著者:森田豊出版社:朝日新聞出版サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録するお産にまつわる事故が起こるたび、「たらい回し」「判断ミス」などと責められがちな産科医。そうした風潮に対し、現役産科医でありメディアで医療コメンテーターである著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。【内容情報】(「BOOK」データベースより)逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「前置胎盤」の明暗/第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか/第3章 お産の異変は突然に/第4章 ここまできた産科医療の危機的状況/第5章 アメリカにおける産科医療の現状/第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには【著者情報】(「BOOK」データベースより)森田豊(モリタユタカ)1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 美容・暮らし・健康・料理> 妊娠・出産・子育て> 妊娠・出産・子育て
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品25
売れ筋商品31
売れ筋商品27
売れ筋商品39
売れ筋商品5
売れ筋商品6
売れ筋商品26
売れ筋商品28
売れ筋商品37
売れ筋商品10
売れ筋商品41
売れ筋商品20
売れ筋商品35
売れ筋商品16
売れ筋商品22
売れ筋商品48
売れ筋商品38
売れ筋商品19
売れ筋商品14
売れ筋商品15

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。