スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 報酬を調べましたが、お役立てください

産科医 報酬をくわしく調査してみると、なかなか面白い事に気がつきます。

どうする医療崩壊 - しんぶん赤旗

しんぶん赤旗

どうする医療崩壊
しんぶん赤旗
会場から発言に立った日本産婦人科医会の寺尾俊彦会長は、新制度の適用猶予について「小池議員の申し入れに大変感謝したい」と述べました。 自民党の尾辻秀久元厚労相は、社会保障費2200億円削減路線を医療崩壊の原因の一つにあげ、「(医療に)市場原理や新自由主義 ...

and more »

官僚はなぜ嫌われる?(長文です)
無くすとか言ってますが、努力して東大に入り民間に行かず国のために激務薄給に耐えた人々にその程度の報酬は当然であると私は思います。それに競争に敗れて仕方が無く天下りするわけですし、天下りを無くすということ

ブログ:産科医不足
不安や不満を抱えているのが今のお産の現場なのです。 「報酬の低さ」や「業務改善」については国や自治体などを中心に 仕組み自体を変えなければいけないんでしょうけど 私が気になったのは「訴訟リスクの高さ」による産科医不足ですね。 ...

「赤ひげ神話」と日本の頭痛
同様のことが医師――特に産科医と小児科医――でも起きているようだ。 海外で人気のアニメにせよ、米国であらためてその水準の高さを思う日本の医療にせよ、その競争の源泉である人材を外側から動機づける仕組みは弱い。「医者は使い捨ての状況」とある医師 ...

リバブリック産科 音源

産科医療・崩壊
価格: 1,000円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:神咲命出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:203p発行年月:2009年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)総合病院に勤務する産婦人科医・優子のもとに飛び込んできた1人の急患─彼女は健診をまったく受けたことのない、いわゆる「野良妊婦」だった。急患対応に追われながら診察する優子だったが、すでに胎児の心臓は動いておらず…。深刻さを増していく医療現場から警鐘を鳴らす社会派ノベル。【著者情報】(「BOOK」データベースより)神咲命(カンザキマコト)診療の傍ら、ブログや携帯小説でも健康啓発を行なっている産婦人科医。現在は総合病院の産婦人科に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・か行
Supported by 楽天ウェブサービス



ハイリスク新生児―小児科医と産科医のための当直マニュアル

価格: 5,250円 レビュー評価: レビュー数:


...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品41
売れ筋商品17
売れ筋商品25
売れ筋商品37
売れ筋商品14
売れ筋商品33
売れ筋商品13
売れ筋商品36
売れ筋商品4
売れ筋商品15
売れ筋商品46
売れ筋商品10
売れ筋商品32
売れ筋商品16
売れ筋商品27
売れ筋商品29
売れ筋商品40
売れ筋商品6
売れ筋商品7
売れ筋商品28

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。