スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 無罪の真相

産科医 無罪のことがなんとなく気になりませんか?

「医療崩壊」の産婦人科に希望の光…学会の新規会員数が増加 - MSN産経ニュース

「医療崩壊」の産婦人科に希望の光…学会の新規会員数が増加
MSN産経ニュース
産婦人科の医師不足は18年2月、福島県立大野病院で手術を受けた産婦が死亡し、執刀医が逮捕された事件(20年9月に無罪確定)をきっかけに表面化。勤務医の過酷な労働状況や医療訴訟リスクの高さなど産科医療を取り巻く厳しい環境が明らかになり、若手医師の産科離れ ...

and more »

17歳の母
自分の彼女は今年で18歳になる現役高校生です。彼女に子供ができた場合(産む方向で考えて)学校の方はどうなるんでしょうか…本人はできることなら卒業したいといっているのですが、やはり学校側からすれば、嫌がる話

福島・大野病院事件判決からもう1年。医療危機の状況は変わってないの ...
去年(2008年)の8月20日、福島県立大野病院産科医逮捕事件の地裁判決が下った。無罪であった。「事件」となっているが、医療行為としてはむしろ「事故」という方が適切な出来事であり、これで訴えられることが「事件」ではないか、という意味のことを、 ...

大野事件から1年:sho's diary:So-net blog
地元福島では、「産科医無罪判決」という号外が配られていたそうだ。 「不当判決です」と言いながら。 その新聞社の名前は、福島民報。 2009-08-20 17:24 nice!(0) コメント(3) トラックバック(0). あなたは既にnice!を行っています。 ...

いま産科医療に何が起きているのか。6/6

ルポ産科医療崩壊
価格: 756円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ちくま新書 著者:軸丸靖子出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:221p発行年月:2009年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)産科医が自らを語るのに使う枕詞がある。絶滅危惧種─。保護してももう手遅れ、産科医が日本から消えるのを止めることはできない、という自嘲の言葉だ。医師も産める場所も激減した背後でお産難民や妊婦“たらい回し”などが急増している。そして、激務に喘ぐ新生児科。少子化の危機が叫ばれるいま、周産期医療の現場では、何が起こっているのか。これから産み、育てる私たちはいったい何ができるのか。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ 周産期医療の現実/第1章 産み場所はなぜ消えるのか/第2章 増える「危うい」妊娠/第3章 増える「困った」妊婦/第4章 逃げ出す医師たち/第5章 被災地・NICU/第6章 助産師は時代の救世主か?/第7章 安心して産むために/エピローグ 絶滅危惧種【著者情報】(「BOOK」データベースより)軸丸靖子(ジクマルヤスコ)宮崎県出身。医療ライター。2004年5月、米コロンビア大学公衆衛生大学院修士課程修了。帰国後は医学・医療全般に関する取材・編集活動を続けている。日本医師会総合政策研究機構研究員、医学週刊誌「Medical Tribune」編集部、インターネットニュース「OhmyNews」編集部を経てフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品42
売れ筋商品33
売れ筋商品46
売れ筋商品6
売れ筋商品40
売れ筋商品39
売れ筋商品27
売れ筋商品3
売れ筋商品12
売れ筋商品24
売れ筋商品20
売れ筋商品50
売れ筋商品23
売れ筋商品2
売れ筋商品38
売れ筋商品32
売れ筋商品49
売れ筋商品47
売れ筋商品18
売れ筋商品13

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。