スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 裁判の情報最前線

こんにちは、今日は産科医 裁判についてです。

シリーズ続編や人気作再登場 各局新ドラマ “得意技”繰り出し勝負の秋 - 東京新聞

シリーズ続編や人気作再登場 各局新ドラマ “得意技”繰り出し勝負の秋
東京新聞
水曜「ギネ 産婦人科の女たち」は、無愛想だが命を救うことに異常なまでの熱意を持つ産科医(藤原紀香)を通じて、医師の過労、訴訟リスクなどお産の現状を描き出す。土曜の「サムライ・ハイスクール」は、三浦春馬と城田優が共演。三浦演じるさえない高校生が、古文書を ...


妊婦7病院たらい回しの挙句、お亡くなりになった件について
まずはお悔やみ申し上げます。私は世間に出たばかりの若輩者、病院の事情や救命救急士がどこまでの措置が出来る、または許されているのか、についてあまり知りませんので、このような事件(?)を聞くとどうも不思議で仕方がありません。高齢

鳩山内閣誕生
それでなくても産科医は過酷でなり手が無いのにそんな正しくない報道で悪者にされるリスクを誰も負いたくは無いだろう。これも若い人達の貧困が引き起こしたものだから、お産、不妊治療などは負担金の少ない保険を適用すべきだと思う。 ...

冬山遭難と産婦人科医不足 - プンナの説法 - 楽天ブログ(Blog)
それが不幸にも訴訟を増やしてしまい、その結果として産婦人科を減らすことになっているのである。 問題は判決内容だったのかも知れない・・・。 確かに裁判で裁かれるべき事柄もあるだろう。 しかし自分の不運を安易に他人に押し付ける『過度の訴訟は ...

産科医が足りない3/3

産科医療・崩壊
価格: 1,000円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:神咲命出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:203p発行年月:2009年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)総合病院に勤務する産婦人科医・優子のもとに飛び込んできた1人の急患─彼女は健診をまったく受けたことのない、いわゆる「野良妊婦」だった。急患対応に追われながら診察する優子だったが、すでに胎児の心臓は動いておらず…。深刻さを増していく医療現場から警鐘を鳴らす社会派ノベル。【著者情報】(「BOOK」データベースより)神咲命(カンザキマコト)診療の傍ら、ブログや携帯小説でも健康啓発を行なっている産婦人科医。現在は総合病院の産婦人科に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・か行
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品48
売れ筋商品12
売れ筋商品33
売れ筋商品34
売れ筋商品43
売れ筋商品3
売れ筋商品26
売れ筋商品41
売れ筋商品9
売れ筋商品29
売れ筋商品47
売れ筋商品42
売れ筋商品32
売れ筋商品21
売れ筋商品20
売れ筋商品24
売れ筋商品10
売れ筋商品39
売れ筋商品2
売れ筋商品1

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。