スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 減少って知ってます?

こんにちは、今日は産科医 減少についてです。

米国、中絶容認派の割合減少 反対派と半々に - クリスチャントゥデイ

米国、中絶容認派の割合減少 反対派と半々に
クリスチャントゥデイ
米国では中絶の是非をめぐっての論争が激しく、今年5月には妊娠後期の中絶手術を行うことで知られていた産婦人科医が射殺され、9月にはプラカードを掲げて妊娠中絶反対を訴えていた男性が射殺される事件が起きている。

and more »

緊急出産時の病院たらい回し予防するには?
最近、出産時の受け入れ拒否について10数件回っても拒否され、母が死亡した事件ありましたよね。そこでどうすればすぐに受け入れてもらえるのでしょうか。いくつか連絡時のためにリストアップしておく事でも、拒否されたら意味ないと思います

読売新聞社は喜んでいる、かも知れませんが
産科医不足や分娩施設の減少など産科医療の崩壊が叫ばれる中、産婦人科医を取り巻く全体的な状況が1年前と比べて悪化したと感じている産婦人科責任者の割合が、昨年の前回調査から半減したことが、日本産科婦人科学会の医療改革委員会がこのほど発表 ...

冬山遭難と産婦人科医不足 - プンナの説法 - 楽天ブログ(Blog)
また、近頃は産科医減少に伴い出産難民が顕著になり、問題となっている。 これは昼夜を問わずに対応する「労働条件の厳しさ」と「訴訟リスクの高さ」によることが大きい。 特に「訴訟リスクの高さ」というのは大きな問題である。 ...

産科医が足りない3/3

産科医が消える前に
価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
現役医師が描く危機回避のシナリオ 著者:森田豊出版社:朝日新聞出版サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録するお産にまつわる事故が起こるたび、「たらい回し」「判断ミス」などと責められがちな産科医。そうした風潮に対し、現役産科医でありメディアで医療コメンテーターである著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。【内容情報】(「BOOK」データベースより)逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「前置胎盤」の明暗/第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか/第3章 お産の異変は突然に/第4章 ここまできた産科医療の危機的状況/第5章 アメリカにおける産科医療の現状/第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには【著者情報】(「BOOK」データベースより)森田豊(モリタユタカ)1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 妊娠・出産・子育て> 妊娠・出産・子育て
Supported by 楽天ウェブサービス



カラー写真で学ぶ妊産褥婦のケア

価格: 1,890円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1

こちらの本は、産科にて妊産婦に行う援助の手技を、実際の妊婦や褥婦がモデルに掲載されています。どちらかというと、初めて産科に勤められる方や実習生向けかと思います。とくに実習生は、慣れない手技にとまどうことが多く、イメージトレーニングが重要かと思います。教科書だけでは足りない実際の手順にのっとった主義を学習する際に役に立つことと思います。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品32
売れ筋商品6
売れ筋商品48
売れ筋商品44
売れ筋商品22
売れ筋商品36
売れ筋商品7
売れ筋商品45
売れ筋商品4
売れ筋商品27
売れ筋商品50
売れ筋商品2
売れ筋商品33
売れ筋商品3
売れ筋商品8
売れ筋商品16
売れ筋商品5
売れ筋商品43
売れ筋商品21
売れ筋商品34

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。