スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 ブログの情報

こんにちは、今日は産科医 ブログについてです。

【産科医解体新書】(54)専門用語でアクセス禁止 - フジサンケイ ビジネスアイ

産科医解体新書】(54)専門用語でアクセス禁止
フジサンケイ ビジネスアイ
僕はブログを書いています。内容は何を食べたとか、先輩に怒られたとかいうもので、産科医として皆さんの役に立つような情報はほとんど発信していません。それでもたまに、ためになるような情報を載せることもあります。ただ、産科医という職業上、専門用語を多用すると、 ...

and more »

出産予定日なのにまだまだ・・と言われました
っいますでしょうか?その時のエピソード等お聞かせ頂けたらありがたいです。よろしくお願いします。ちなにみに先生には「1週間は様子みてもいいけどそれ以上になるなら考えないとあかんな・・」と言われました。出来れば自然に産みたいです

板谷由夏の最新 NEWS - cbvpks
上地は、優秀だがやや生意気で、自分の腕を見せつけたいと思っている新人産科医・玉木聡役を演じる。「医者役に挑戦します。ちょっと生意気で、自信過剰な新人を演じます」とコメントを寄せ「新しい上地雄輔に、ご期待ください!!」と自信を見せた。 ... 送信 元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。 このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。 ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。 ...

櫻井よしこ ブログ! ? 「 特集 国防最前線を担う最果ての島『与那国 ...
診療所はあっても、医師は1人だけ。産婦人科医不在のため、出産は島外へ行かざるを得ない。 「島生まれの人間がいなくなりつつあるんですよ。老人介護施設もない。介護が必要なら、他の島に行く。生まれるのも死ぬのも島の外という笑えない現実が ...

四国一周ブログ旅 1/3 2009年6月4日桜 稲垣早希

産科医が消える前に
価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
現役医師が描く危機回避のシナリオ 著者:森田豊出版社:朝日新聞出版サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録するお産にまつわる事故が起こるたび、「たらい回し」「判断ミス」などと責められがちな産科医。そうした風潮に対し、現役産科医でありメディアで医療コメンテーターである著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。【内容情報】(「BOOK」データベースより)逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「前置胎盤」の明暗/第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか/第3章 お産の異変は突然に/第4章 ここまできた産科医療の危機的状況/第5章 アメリカにおける産科医療の現状/第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには【著者情報】(「BOOK」データベースより)森田豊(モリタユタカ)1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 妊娠・出産・子育て> 妊娠・出産・子育て
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品13
売れ筋商品4
売れ筋商品6
売れ筋商品48
売れ筋商品22
売れ筋商品50
売れ筋商品30
売れ筋商品28
売れ筋商品10
売れ筋商品49
売れ筋商品19
売れ筋商品14
売れ筋商品24
売れ筋商品8
売れ筋商品7
売れ筋商品45
売れ筋商品21
売れ筋商品42
売れ筋商品38
売れ筋商品18

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。