スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰椎すべり症の症状

症状は腰痛が最も多く、歩行障害(間欠性跛行)や下肢のしびれが代表的です。

椎骨には椎孔という穴があいており、それが並んでトンネル状になったものが脊柱管と呼ばれ、その中を馬尾がとおっています。

腰椎すべり症は、上下の椎体が前後にずれてしまう病態です。脊柱管狭窄症を合併することがほとんどです。

多くは変性すべり症といって加齢とともに脊椎の関節や靭帯がゆるんできて、脊椎をまっすぐ支えられなくなる状態です。したがって、並んでいる椎骨がずれると、その部分は狭くなってしまい、神経が圧迫されます。

腰が曲がっている人の多くが、この状態です。

腰椎すべり症 症状
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。