スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 現状の検索情報

産科医 現状について調べてみました。

紀香&上地が産婦人科医に!新ドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』 - テレビドガッチ

紀香&上地が産婦人科医に!新ドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』
テレビドガッチ
しかし、そんな逆境にもめげず、ほとんどの産婦人科医師は、患者のために夜も寝ないで必死に頑張っている! 過酷な現状の産婦人科を、今描かなければ手遅れになってしまう――。 その思いを込めて、大学病院の産婦人科病棟を舞台に、日々奮闘する医師たちの姿を描く ...

and more »

キリシトール配合(50%)のガムって?
キリシトールのガムを寝る前にかむと虫歯予防になると聞いて、ガムを買ってきたらキリシトール50%と書かれていました。じゃ、残りの50%は何?って感じで本当に虫歯予防になるのか不安です。もし半分が砂糖だっ

子宮頸がんの「征圧」を目指して - Vertigo 医療・健康情報アーカイブ ...
しかし残念なことに、こんなに有益な検診がうまくいっていないのが日本の現状です。OECD(経済協力開発機構)の「ヘルスケア・クオリティ・インディケーターズ・プロジェクト」の2006年のデータによると、受診率は米国で82.6%、フランス74.9%など、世界平均が 58.8% ... だとすれば、ワクチン接種年齢は若い方が望ましく、小児科の医師たちに何らかの役割を担ってもらう可能性が出てきます。そうした小児科医などへの子宮頸がん予防についての教育・啓発など、産婦人科医と他の科の医師の連携が求められるでしょう。 ...

出産一時金、10月開始の新制度に産科開業医ら悲鳴 from 投資同盟
日本産婦人科医会の要望書を見てたら面白いの見つけた 少子化問題は我が国の喫緊の課題ですが、医療の現状は、 産科医産婦人科医の不足・偏在によって、積極的な取り組 みが困難な状況です。今後も将来に亘って分娩施設の減少 や産科医産婦人科医不足 ...

産科医が足りない1/3

産科医が消える前に
価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
現役医師が描く危機回避のシナリオ 著者:森田豊出版社:朝日新聞出版サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録するお産にまつわる事故が起こるたび、「たらい回し」「判断ミス」などと責められがちな産科医。そうした風潮に対し、現役産科医でありメディアで医療コメンテーターである著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。【内容情報】(「BOOK」データベースより)逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「前置胎盤」の明暗/第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか/第3章 お産の異変は突然に/第4章 ここまできた産科医療の危機的状況/第5章 アメリカにおける産科医療の現状/第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには【著者情報】(「BOOK」データベースより)森田豊(モリタユタカ)1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 妊娠・出産・子育て> 妊娠・出産・子育て
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品22
売れ筋商品2
売れ筋商品34
売れ筋商品3
売れ筋商品8
売れ筋商品16
売れ筋商品6
売れ筋商品36
売れ筋商品45
売れ筋商品46
売れ筋商品44
売れ筋商品49
売れ筋商品21
売れ筋商品28
売れ筋商品35
売れ筋商品14
売れ筋商品26
売れ筋商品25
売れ筋商品41
売れ筋商品47

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。