スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 裁判についてのわりと役に立ちそうな話ですが・・・

売れ筋商品41
売れ筋商品35
売れ筋商品3
売れ筋商品50
売れ筋商品22
売れ筋商品43
売れ筋商品16
売れ筋商品9
売れ筋商品5
売れ筋商品33
売れ筋商品47
売れ筋商品17
売れ筋商品15
売れ筋商品37
売れ筋商品32
売れ筋商品11
売れ筋商品12
売れ筋商品44
売れ筋商品13
売れ筋商品18

医療ミスで他人の子を育てた母親!18年ぶりに実娘を発見 - ロケットニュース24

ロケットニュース24

医療ミスで他人の子を育てた母親!18年ぶりに実娘を発見
ロケットニュース24
産後の赤ちゃんを見間違うなんて、産婦人科にあってはならないことだ。しかし、韓国で18年間も他人の子と気付かず育てていた夫婦がいた。21日(現地時間)裁判所の協力により、母親は実の娘を探し出したとkr.yahooは報じている。 1992年、韓国北西部の京畿道のある産婦人 ...

and more »

平成医新 Doctors Blog 医師が発信するブログサイト
しかし子宮摘出 から30分後に心停止となったのです。平成20年8月20日の裁判で、福島地裁は加藤医師に無罪判決を下し、検察は起訴を断念して無罪が確定しました。第 1審の裁判で無罪が確定したことは、逮捕、起訴そのものが間違っていたのです。 ... その医師 が勤めていた病院では5人の産科医、10人の他科の医師が呼び出され、 注射器で血液を押し込めるように輸血を繰り返し、手術でやっと救命したということです。起訴された加藤医師は癒着胎盤で出血が続く血の海のなかで、子宮全 摘の手術を行ったのです。 ...

医者は患者の敵ですか?
このあたりの不合理を医療訴訟の当事者となりやすい産科医である桑江千鶴子氏がス・メディカルさんに寄せた言葉からも引用してみましょう。 「医療裁判で真実が明らかになるのか」―対立を超えて・信頼に基づいた医療を再構築するためにー(2008年09月10日 ...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。