スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 逮捕とは

産科医 逮捕について調べてみました。

「医療崩壊」の産婦人科に希望の光…学会の新規会員数が増加 - MSN産経ニュース

「医療崩壊」の産婦人科に希望の光…学会の新規会員数が増加
MSN産経ニュース
産婦人科の医師不足は18年2月、福島県立大野病院で手術を受けた産婦が死亡し、執刀医が逮捕された事件(20年9月に無罪確定)をきっかけに表面化。勤務医の過酷な労働状況や医療訴訟リスクの高さなど産科医療を取り巻く厳しい環境が明らかになり、若手医師の産科離れ ...

and more »

産婦人科関係者お願いいたします。切迫早産の母体搬送について
私の義妹が現在妊娠8ヶ月(32週)なのですが、切迫早産のため4月中旬より入院しています。張り止めの薬(ウテメリン)が効かないらしく、現在はウテメリンMAX量の点滴+絶対安静の状況です。胎児も現在の体重は推定約1500グラム程度の

拾ったチラ裏(9/9)
そして、福島県立大野病院事件。 この2つで、たとえ無過失でも逮捕されてしまうリスクがある分野(産科・救急・外科)からの撤退が促進されました。 大淀事件で、産科にとどめが刺されました(奈良医大の産科入局予定者1名辞退もあった)。 ...

海堂尊
夕張市がモデルとすぐ頭に浮かびますが、もうひとつ、福島県立大野病院産科医逮捕事件というのが図書カード6年1組ぺんぺん* ブラックジャックを読んで、食物連鎖ならぬ医学連鎖で前も返してもらうとき、焼き菓子いただいちゃって ...

産科崩壊のはじまり

産科医療・崩壊
価格: 1,000円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:神咲命出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:203p発行年月:2009年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)総合病院に勤務する産婦人科医・優子のもとに飛び込んできた1人の急患─彼女は健診をまったく受けたことのない、いわゆる「野良妊婦」だった。急患対応に追われながら診察する優子だったが、すでに胎児の心臓は動いておらず…。深刻さを増していく医療現場から警鐘を鳴らす社会派ノベル。【著者情報】(「BOOK」データベースより)神咲命(カンザキマコト)診療の傍ら、ブログや携帯小説でも健康啓発を行なっている産婦人科医。現在は総合病院の産婦人科に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・か行
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品18
売れ筋商品35
売れ筋商品21
売れ筋商品25
売れ筋商品50
売れ筋商品38
売れ筋商品36
売れ筋商品30
売れ筋商品48
売れ筋商品45
売れ筋商品17
売れ筋商品11
売れ筋商品13
売れ筋商品28
売れ筋商品42
売れ筋商品14
売れ筋商品23
売れ筋商品32
売れ筋商品27
売れ筋商品6

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。