スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 年収を調べました

産科医 年収について調べてみました。

第2846号 - 週刊医学界新聞

第2846号
週刊医学界新聞
過去の会長の方々は産婦人科医が多かったこともあり,皆さんおしなべてGender based medicine(性差医学),思春期の性などに重きを置いていましたが,私はもう少し大きな視点で考えたくて,プロフェッショナリズムとリーダーシップをテーマに活動しています。 ...


40歳男性 結婚して6ヶ月ですが離婚になりそうです。するべきかし
でいいよね。相手は、いい家柄のわがままお嬢様で、手に職もあるのでいつ別れても平気のようです。私は、会社経営をしていて年収は1500万以上あります。私の別れたくない理由は、子供が欲しいのと、世間体と金融期間から信用

本当に新聞が補助金だってさ - 新小児科医のつぶやき
産科医 2009/08/26 17:23 本日の産経新聞 全面SMAPの広告に包まれておりました。 ジャニーズ最強・・・。 tadano-ry 2009/08/26 17:44 ●日本の主要マスコミ社員の年収 http://moneyzine.jp/static/images/article/26808/01-1.gif ...

給料日なのに赤字。 出産一時金
産科医解体新書】(25)書類の多さにうんざり 医師の仕事は患者さんを診療するだけではありません。 患者さんが出産一時金や保険金を受け取るための書類を書くのも、若手医師にとっては大事な仕事の一つ。 1人で2「えっと、こちら、出産一時金に ...

いま産科医療に何が起きているのか。5/6

ルポ産科医療崩壊
価格: 756円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ちくま新書 著者:軸丸靖子出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:221p発行年月:2009年08月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)産科医が自らを語るのに使う枕詞がある。絶滅危惧種─。保護してももう手遅れ、産科医が日本から消えるのを止めることはできない、という自嘲の言葉だ。医師も産める場所も激減した背後でお産難民や妊婦“たらい回し”などが急増している。そして、激務に喘ぐ新生児科。少子化の危機が叫ばれるいま、周産期医療の現場では、何が起こっているのか。これから産み、育てる私たちはいったい何ができるのか。【目次】(「BOOK」データベースより)プロローグ 周産期医療の現実/第1章 産み場所はなぜ消えるのか/第2章 増える「危うい」妊娠/第3章 増える「困った」妊婦/第4章 逃げ出す医師たち/第5章 被災地・NICU/第6章 助産師は時代の救世主か?/第7章 安心して産むために/エピローグ 絶滅危惧種【著者情報】(「BOOK」データベースより)軸丸靖子(ジクマルヤスコ)宮崎県出身。医療ライター。2004年5月、米コロンビア大学公衆衛生大学院修士課程修了。帰国後は医学・医療全般に関する取材・編集活動を続けている。日本医師会総合政策研究機構研究員、医学週刊誌「Medical Tribune」編集部、インターネットニュース「OhmyNews」編集部を経てフリー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 健康> 家庭の医学
Supported by 楽天ウェブサービス



お産って自然でなくっちゃね―ある産科医の真実の提言 (健康双書)

価格: 1,350円 レビュー評価:4.5 レビュー数:3

医師であるから、医療の必要性をわかっている。
でも、出産は自然にできるものだ・・・という両極面から記されている内容。
読んでいてストンと心に落ち着きます。
...さらに詳しい情報はコチラ


売れ筋商品18
売れ筋商品36
売れ筋商品11
売れ筋商品47
売れ筋商品41
売れ筋商品8
売れ筋商品42
売れ筋商品14
売れ筋商品48
売れ筋商品9
売れ筋商品22
売れ筋商品38
売れ筋商品2
売れ筋商品10
売れ筋商品20
売れ筋商品43
売れ筋商品16
売れ筋商品49
売れ筋商品6
売れ筋商品24

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。