スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 現状についてですが、実にいろんな情報があって…

売れ筋商品6
売れ筋商品4
売れ筋商品25
売れ筋商品46
売れ筋商品20
売れ筋商品26
売れ筋商品22
売れ筋商品33
売れ筋商品36
売れ筋商品21
売れ筋商品23
売れ筋商品32
売れ筋商品41
売れ筋商品14
売れ筋商品29
売れ筋商品48
売れ筋商品17
売れ筋商品35
売れ筋商品30
売れ筋商品50

産科医が消える前に
価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
現役医師が描く危機回避のシナリオ 著者:森田豊出版社:朝日新聞出版サイズ:単行本ページ数:215p発行年月:2008年04月この著者の新着メールを登録するお産にまつわる事故が起こるたび、「たらい回し」「判断ミス」などと責められがちな産科医。そうした風潮に対し、現役産科医でありメディアで医療コメンテーターである著者が、日本の産科医療の危機を訴える。巻末では、産科崩壊回避のための私案も提示。【内容情報】(「BOOK」データベースより)逮捕者まで出る「産科医受難」の時代。日本中の妊婦が安心して出産できる日を迎えるための策はあるのか。医療コメンテーターでもある筆者が発する七つの緊急提言。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 「前置胎盤」の明暗/第2章 “たらい回し”と呼ばれる現象はなぜ起こるのか/第3章 お産の異変は突然に/第4章 ここまできた産科医療の危機的状況/第5章 アメリカにおける産科医療の現状/第6章 産科医療の崩壊をくい止めるには【著者情報】(「BOOK」データベースより)森田豊(モリタユタカ)1963年、東京都生まれ。秋田大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業後、米国ハーバード大学医学部産婦人科専任講師などを経て、現在、板橋中央総合病院産婦人科部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 美容・暮らし・健康・料理> 妊娠・出産・子育て> 妊娠・出産・子育て
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


カンガルーケア:安心への模索/下 深めるきずな、医療者支え - 毎日新聞

カンガルーケア:安心への模索/下 深めるきずな、医療者支え
毎日新聞
ケアとの因果関係は不明だが、発見が遅れたケースが目立つ。ケアの実施基準や方法も施設によってまちまちという現状の中、より安全な実施方法の模索も始まっている。 全国でケアに取り組む産科医や小児科医、助産師らの有志は今年5月、ガイドラインを作った。 ...


夫に隠れて避妊していました
初めましてすみません、困ってます。結婚8年目の夫婦です。ともに30代夫のほうが、さすがにおかしいと思ったみたいで、どちらかの不妊を疑って真剣に悩んでいるようです。検査を予約したと昨夜打ち明けられました。どうしたらいいでしょ

周産期医療の立て直しには、女性''を含めた若者''の労働環境改善が必要 ...
『絶対数が少ない』⇒自らに降りかかった際には病院・産科医に怒りの矛先が向かうという悪循環を何とかしたいものです。 LUPO先生の本を一人でも多くの若者に(男にも!)読んでもらいたいものです… ...

拾ったチラ裏(11/28)
産科医療崩壊の阻止勤務医の過酷な労働環境や、高すぎる訴訟リスクによって産科医師が減少し、拠点となるべき大病院でも産科が閉鎖され、「安心して子どもを産めない」状況が拡大している現状を厳しく指摘。 特に、2006年から、産科医師が不当とも思える ...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。