スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 これからをキーワード検索してみたら…

売れ筋商品23
売れ筋商品36
売れ筋商品46
売れ筋商品16
売れ筋商品29
売れ筋商品17
売れ筋商品4
売れ筋商品30
売れ筋商品50
売れ筋商品27
売れ筋商品9
売れ筋商品26
売れ筋商品13
売れ筋商品41
売れ筋商品22
売れ筋商品39
売れ筋商品8
売れ筋商品3
売れ筋商品45
売れ筋商品42

産科医療・崩壊
価格: 1,000円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:神咲命出版社:文芸社サイズ:単行本ページ数:203p発行年月:2009年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)総合病院に勤務する産婦人科医・優子のもとに飛び込んできた1人の急患─彼女は健診をまったく受けたことのない、いわゆる「野良妊婦」だった。急患対応に追われながら診察する優子だったが、すでに胎児の心臓は動いておらず…。深刻さを増していく医療現場から警鐘を鳴らす社会派ノベル。【著者情報】(「BOOK」データベースより)神咲命(カンザキマコト)診療の傍ら、ブログや携帯小説でも健康啓発を行なっている産婦人科医。現在は総合病院の産婦人科に勤務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 日本の小説> 著者名・か行
Supported by 楽天ウェブサービス



産科医が消える前に 現役医師が描く危機回避のシナリオ

価格: 1,260円 レビュー評価:5.0 レビュー数:5

 執筆活動する現役医師が多数出てきている昨今、産科医として崩壊寸前の産科医療の現場から発言する貴重な著作。
 産科は医療崩壊が進む外科系のなかでも最も厳しい状況にあり、先の福島県大野病院事件を考えるうえでも大いに参考になる本である。
 若手の頃の弛緩出血の経験や、子宮摘出するべきか否かで判断に迷う話など、生身の人間が産科医として働いているという当たり前であるが、患者側からは見えにくい実態を知ることができる。
 全体を通して、慎重かつ丁寧な文章であり現在の医療界に批判的な読者であっても抵抗なく読めると思える。
 正常分娩に関する説明では、「普通の」お産がいかにダイナミックな母体の変化のうえで、起きていることが解りやすく書かれている。母体の機能の素晴らしさとともに、そのオートマティズムが働かないということがいかに恐ろしいことか教えてくれる。お産が世界一安全な我が国でお産の怖さを知る必要があるというのは何という皮肉だろうか。
 一方、無過失補償制度や死因究明制度に対する問題点の指摘などは控えめであり、物足りなさも覚える。全体に批判や厳しい意見を控えた論調であり、多様な人々が読む入門書として先入観を与えないようにと筆者が意図してのことだろう。
...さらに詳しい情報はコチラ


「今後の医療政策」シンポで文科副大臣ら議論 - キャリアブレイン

「今後の医療政策」シンポで文科副大臣ら議論
キャリアブレイン
その後の質疑では、医療保険者が出産育児一時金を医療機関などに直接支払う「直接支払制度」について、資金繰りが苦しく対応できないとの声が現場の産科医から寄せられた。 梅村参院議員はこれに対し、「できる限り妊産婦さんへの直接支払いを目指していくべき」とした上 ...

and more »

母からの一言で人生に絶望してしまいました
っている一方、「母だって父と結婚して専業主婦になっただけで、仕事で稼ぐ能力もないのに、子供を産み、妻という立場だけで社会的地位を与えられて生きていけているだけ」と思ってしまう最低な自分がいます。

医療崩壊はこうすれば防げる
今日を契機にみんなが立ち上がることはもちろん必要ですが、今後も産婦人科医が増える見通しは全く立っていません。若い医師が一人前になるには10年かかります、私たちはあと何十年耐えればいいのか。今勤務している医師をやめさせないためにお産する ...

『JIN-仁-』 最終回
その後はやはり、日本人女性で初めて西洋医学を学んだと言う産科医の楠本イネとの出会いから、女医を志すらしいですから。只者じゃない。 「ある日突然、出て来たりするやもしれませぬ。 突然消えた訳でございますから」 「でもね、咲ささん。 ...

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。