スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産科医 現状の新着情報を中心に集めてみると・・・

産科医 現状のことがなんとなく気になりませんか?
鑑定からみた産科医療訴訟
価格: 9,870円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
著者:我妻堯出版社:日本評論社サイズ:単行本ページ数:722p発行年月:2002年12月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 鑑定からみた産科医療訴訟(鑑定について)/第2部 産科訴訟と関連する診断・治療上の問題点(分娩監視装置/子宮収縮剤/計画分娩/胎児仮死と脳性痲痺/急速遂娩術/児頭骨盤不適合)/第3部 産科臨床に関連する訴訟事例集(子宮収縮剤投与に関連する訴訟例/子宮収縮剤投与と胎児仮死に関連する訴訟例/胎児仮死・急速遂娩・脳性痲痺に関連する訴訟例/骨盤位(さかご)の分娩に関連する訴訟例/双胎に関連する訴訟例/常位胎盤早期剥離に関連する訴訟例/母体死亡に関連する訴訟例/妊娠中毒症に関連する訴訟例/その他さまざまな事件の訴訟例/まとめ)【著者情報】(「BOOK」データベースより)我妻堯(ワガツマタカシ)1930年東京に生まれる。1955年東京大学医学部卒業。1957年東京大学助手。1962‐66年London大学ならびに米国Johns Hopkins大学に留学。1966年帰国後、東京大学助手、愛育病院産婦人科部長を経て1971年より東京大学産婦人科講師、助教授。1976年より国立病院医療センター産婦人科医長。1986年より同国際医療協力部長。1993年国立国際医療センター設立に伴い同センター国際医療協力局長に昇任。1995年定年退職。現職、国際厚生事業団(厚生労働省外郭団体)参与。(財)国際協力医学研究振興財団理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 科学・医学・技術> 医学・薬学> 公衆衛生学・予防医学
Supported by 楽天ウェブサービス



地球交響曲第五番 [DVD]

価格: 6,300円 レビュー評価:5.0 レビュー数:1

 地球交響曲第5番は、第1番から第4番までの総まとめのように、過去出演された方が随所に登場する、全てではないが。
 その中にあって、元・音楽会の神童と呼ばれた哲学者アーヴィン・ラズロ氏の話が実に興味深い。ラズロ氏は何気なく語っていることで、実は第1番から第5番までの独立した芸術の点を一つのシンフォニーにまとめ上げているからである。見事な言葉の巧みな技である。地球交響曲の奥深さを体感した。
 そのほか天河神社の神事、織物作家・石垣さんの生活が、自然と調和していて、何気なく訴えてくる、優しくも力強い生き様にしびれてしまった。
...さらに詳しい情報はコチラ


政策評価・独立行政法人評価委員会 政策評価分科会(12月2日開催)議事要旨 - 総務省 (プレスリリース)

政策評価・独立行政法人評価委員会 政策評価分科会(12月2日開催)議事要旨
総務省 (プレスリリース)
厚労省の評価では、必要医師数の推計は困難としているが、これに対してはその必要性を明確にコメントすべきなのではないか。 ○ 産科医療補償制度については、何らデータが示されていない。産科医にとってこの制度が良い制度なのかどうかといったアンケート調査も行われ ...


母からの一言で人生に絶望してしまいました
っている一方、「母だって父と結婚して専業主婦になっただけで、仕事で稼ぐ能力もないのに、子供を産み、妻という立場だけで社会的地位を与えられて生きていけているだけ」と思ってしまう最低な自分がいます。

医療費「+3vs-3%」の攻防
開業医を含め診療科別にみると、産科、小児科の医師不足は深刻だ。妊婦がたらい回しされて死亡する“事件”が社会問題となった。産科医がつぎつぎと廃業し、日本は「安心して赤ちゃんを産むことも出来ない国」になってしまった。若い人は、半分以上が結婚を ...

「ギネ」最終回!!
そして、柊ですが・・・玉木から君島先生が教授になるには、自分が辞めなければならないと聞いて、君島先生こそ、この病院に必要な人だから・・・と自分が身を引いて辞める決意をし、産科医のいない、小笠原に行くことにしたんだけど・・・ 君島の説得 ...

売れ筋商品37
売れ筋商品19
売れ筋商品36
売れ筋商品22
売れ筋商品26
売れ筋商品40
売れ筋商品31
売れ筋商品49
売れ筋商品46
売れ筋商品18
売れ筋商品39
売れ筋商品13
売れ筋商品15
売れ筋商品29
売れ筋商品43
売れ筋商品14
売れ筋商品24
売れ筋商品34
売れ筋商品7
売れ筋商品9

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。