スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大淀病院 産科医の情報ですが、ご参考になれば・・・・・

大淀病院 産科医について調べてみました。


「たらい回し」は医師のせいじゃない - 日経ビジネス オンライン

「たらい回し」は医師のせいじゃない
日経ビジネス オンライン
大淀病院事件(2006年8月、奈良県大淀町立大淀病院で分娩中に意識不明になった妊婦が、移送を要請した県内外の18病院から次々と受け入れを断られた末に、大阪府内の病院で帝王切開により男児を出産した後、脳内出血で死亡)より以降、「たらい回し」という言葉がメディア ...


妊婦さんの病院たらい回しについて
奈良県で、妊婦さんが救急車で病院の診療や入院を拒否されて、本人が亡くなったり体内の子が死産したりしましたが、産婦人科の医師の不足が原因とマスコミがとりあげていますが、昔はお産婆さん(今で言う助産婦さん)が自宅

日本を守るのに右も左もない | 『社会問題は何が問題?』2 ~マスコミ ...
奈良県大淀町の町立大淀病院で今年8月、出産中の妊婦が意識不明の重体に陥り、受け入れ先の病院を探したが、同県立医大付属病院(同県橿原市)など19病院に「ベッドが満床」などと拒否されていたことがわかった。妊婦は約6時間後に約60キロ離れた ... この奈良県南部の産科医の事件(分娩中に母親が意識消失→産科医が他院での処置を必要と判断→転送先の病院を探すが18軒に断られる→大阪の国立病院で受入→母親死亡)では、マスコミは二つの形で関わっています。 一つは、18軒もの病院が受入を断って ...

お前は死んでもよかったんだと親から言われた子ども ある町医者の診療 ...
8月11日15時0分配信 毎日新聞 大淀町立大淀病院で06年、五條市の高崎実香さん(当時32歳)が分娩(ぶんべん)中に意識不明となり、19病院に受け入れを断られた末に死亡してから、16日で3年になる。この問題をきっかけに、産科医療の充実を求める声が 高まり、衆院選でも各党がマニフェストなどで掲げている。夫晋輔さん(27)は「世の中が動いたと実感する。問題を風化させず、産科医療が少しずつ良くなってほしい」と話している。 実香さんは06年8月8日未明、脳内出血のため意識不明となり、転送 ...

売れ筋商品31
売れ筋商品23
売れ筋商品47
売れ筋商品25
売れ筋商品4
売れ筋商品2
売れ筋商品35
売れ筋商品24
売れ筋商品44
売れ筋商品34
売れ筋商品39
売れ筋商品49
売れ筋商品32
売れ筋商品19
売れ筋商品20
売れ筋商品46
売れ筋商品16
売れ筋商品43
売れ筋商品12
売れ筋商品42

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。